読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kmasdaの日記

rubyとかrailsとかそれっぽいことを

herokuがなんかもっさりしているからやってみたこと(早くなったとは言ってない)

何で

表題通り。herokuがもっさりしてるから

やったこと

計測ツール入れてみた

何かやるにしても導入前後で効果検証できていないと意味がない。 今回はレスポンスがもっさりしてたので直接的には関係ないけど

newrelic.com

入れてみた。 response time やらtransaction の時間計測とかできて何かすごい。 とりあえず入れたのはfreeedition

installの方法とかはここに載ってる。

Installation and Configuration | New Relic Documentation

WEBrickやめたい。

blog.engineyard.com

ちょっと記事古いけどざっくり把握できる。 堅牢なunicornかスレッドベースのpumaで迷った。 (passenger,rehbokってゆー選択もちょっとあった。)

で、pumaにしました。 - heroku推奨 - スレッドベースなのでスロークライアントに対応? - rails5 でモニョモニョ

Rails 5: Action Cable Demo — Medium

で移行方法は

Deploying Rails Applications with the Puma Web Server | Heroku Dev Center

まだローンチしてないのでdefaultの設定

CDN

ドキュメント豊富だしってことでCloudFrontを選択しました。 fastlyも気になるけど、、、

導入は

Using Amazon CloudFront CDN | Heroku Dev Center

はい。

でCDNよくわかってなかったけどこの部分でなんとなく理解。

結果。

気持ちだけ早くなったけど、体感でわかるほどではない。 ってかnewrelic上ではrails アプリのレスポンス結構早い。

太平洋の壁ですかね、、、

って思ってたけど、その後モニョモニョ試しているうちに原因がSSLじゃないかと疑い始めました。 使ってるのは

www.cloudflare.com

試しにhttpで通信したら早い早い!!!

うーん、、、マルチテナントのアプリなんでワイルドカードが使える無料SSL神!!! みたいな話だっただけに悲しい。

まだ、直接の原因か切り分けできてないので本当に使えないのか検証してみまーす・・・ force_ssl = falseにしただけなのでタイトル通り(早くなったとは言ってない)わけです。

自戒

書き溜めてることが多いので早く書きたい。